自動車保険 走行距離 目安

走行距離

今日はアクサダイレクトでの年間走行距離の基礎知識をご紹介します。これは公式サイトでも紹介されていますので、きっと参考になることでしょう。

年間走行距離を調べる理由

年間走行距離を保険会社が調べるのは保険料の算出の要素の一つとして考えているから。普通に考えて、週に一回車を運転する人と、毎日運転する人とでは事故に合う可能性が異なります。この可能性が保険料の算出の一つの基準になっているのです。

アクサダイレクトでは年間走行距離の区分を5000キロ未満、5000キロ以上10000キロ未満、10000キロ以上の3つの区分に分けています。前年の契約があれば、過去1年間の走行距離から自分がどの区分に入るか判断できますが、アクサダイレクトとの契約が初めてという場合、以下のような目安が参考として紹介されていました。

■5000キロ未満の目安
一日あたり約13キロ以内
一週間当たり約95キロ以内
一月あたり約416キロ以内
使用例:週に一回近所へ買い物や週一の家族送り迎えなど

■5000キロ以上10000キロ未満
一日あたり約27キロ以内
一週間当たり約191キロ以内
一月あたり約833キロ以内
使用例:近場の駅や職場への送り迎えや出勤、月に一度の遠出ドライブなど

■10000キロ以上
「5000キロ未満、5000キロ以上10000キロ未満」以上になる場合
使用例:片道25キロ以上の毎日の通勤使用にプラスして休日のロングドライブなど

実際の走行距離の調べ方

トリップメーターを使う方法とオドメーターを調べる方法との2つの方法が採用されています。トリップメーターは簡単に利用することができる計測器で、何度もリセットして実際の距離を調べることができます。一週間程度では短いので、たとえば一ヶ月間の走行距離を測ります。それを12か月分として計算すれば年間走行距離を算定することが可能になります。

オドメーターは車を製造した日から走行したすべての距離が記録されています。厳密に過去1年間の走行距離を調べることはできませんが、製造から現在までの期間と距離からおおよそ1年間の走行距離を予想することができます。オドメーターは途中で取り替えることはなく、ごまかせるものでもないので、信頼できると言えば一番信頼することができます。

走行距離はあくまでも予測なので、その距離で契約したからと言って絶対に守らなければならないものではありません。もし、距離が超過したとしても途中で契約内容を変更できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする