自動車保険 走行距離 事故

事故

自動車保険の走行距離と事故にあう確率について考えてみましょう。よくコマーシャルなどで言われていることですが、自動車保険の保険料は事故にあう確率で変わってくると言います。たとえば車を買い物に行くために使っている人と通勤で使っている方では事故にあう確率が変わってきます。その場合は車の使用目的もありますが、車の走行距離も値段の高い安いに関わっています。

自動車保険の保険料は走行距離によっても変わってきます。自動車保険の契約をした方はご存知かもしれませんが、走行距離で保険料が変わってきます。この距離による保険料の金額は、走行距離が少ないほど事故をおこすリスクが少なくなるというデータから成り立っています。

ここで、具体的な例を挙げてみましょう。例えば1000km走って事故が一回おこるというリスクがあったとして、走行距離を伸ばして実際に事故が起こる回数、確率を見てみましょう。

例1:走行距離5000km→5回
例2:走行距離15000km→15回

これは単純計算になりますが、走行距離が長くなれば長くなるほど事故を起こす回数が多くなります。これは事故を起こす確率も上がるということになるので、保険料が高くなるというのも納得することができるのではないでしょうか。

事故を起こす可能性というのは、他にも年齢や性格によるもの、過去の事故歴などによっても変わってきます。それら全てを判断項目に入れることはできませんが、判断できるものについては走行距離や年齢などを判断材料にして自動車保険の料金は決められています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする