自動車保険 走行距離 事故

走行距離

自動車保険は年間の走行距離によって保険料が違ってくることがあります。走行距離が長くなると保険料が高くなりますが、その理由は事故リスクが高くなるから。ここでは走行距離と事故の関係、注意点などについてお伝えしていきます。

年間走行距離で保険料が変わらないものもありますが、走行距離により保険料が変化する保険はなぜなのでしょう。たまに買い物へ行く時だけ車を使ったり、週末の休みだけ車を運転するようなケースでは走行距離が短く、事故にあって保険を使う確率は低くなります。そのために年間の走行距離が短いほど保険料は安くなるのです。

走行距離の申告方法

年間走行距離により保険料が変わる自動車保険の場合、保険会社の決めた形で走行距離を申告することになります。保険会社により申告する距離は変わりますが、申告方法はいくつかあります。

過去の走行距離を申告する方法では、過去の1年間の走行距離を参考に5000km以下、5000kmから10000km以下、10000km以上など、当てはまる距離を選んで申告します。

年間走行距離を予想する方法では自分が1年間で走る距離を予想して申告することになります。車の使い方や使用目的などから予想する距離をアドバイスしてくれる保険会社もあります。

実際に走行する距離をスマホなどで計測しながら保険会社へ送信するものもあります。実際の走行距離が保険会社へと伝わりますので、過去の距離や予想できないという心配はありません。

過去の距離から申告したり、予想して申告したりする場合、走行距離が申告した距離と異なる場合には保険会社へ連絡することが必要です。オーバーした距離を連絡する必要がなかったとしても、翌年移行の走行距離を長くするなどして対応できることもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする