自動車保険 賠償 使わない

賠償

車で事故を起こした時、はじめてのことだと正常な判断はできないと思います。私も実際に相談されたことがあるのですが、過失割合が相談者の過失10対0で7万円の損害賠償ということで相談されたことがあります。

その時思ったことを要約すると、自動車保険を使うメリットは「保険金を使って解決できること」。逆にデメリットは「翌年以降の保険料アップ」や等級が上がるのが遅れることが挙げられます。相談された方は保険料アップが気になっていたので、自費で補えないかということを中心に相談に乗っていました。

この例のように自動車保険を使ってしまうと等級ダウンの可能性が高く、翌年以降の保険料が上がってしまいます。例えば10等級の人が3等級ダウン事故をおこすと向こう三年間は事故有係数というものが付くのも忘れてはいけません。

実際に計算してみないと分かりませんが、賠償額が10万円を超えると保険を使ったほうが良く、それ以下なら自費で解決したほうがいいといわれています。賠償額が10万円を超えるかどうか?を一つの判断基準とすると良いでしょう。一番ダメージの大きい3等級ダウン事故には対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、当て逃げなどがあると覚えておくといいでしょう。

保険を使わない時の注意点

自動車保険を使わないと決めた場合、相手方と示談交渉することになります。お互いに話し合って金額など最終的な折り合いを付けることになります。過失割合が100-0の場合、間に自分の加入している保険会社の営業マンなどを挟むことができません。相手方と一対一、あるいは相手側保険会社の営業マンを挟むことになるのです。

そういう場合に相談者がほしいという場合、交通事故専門の弁護士に事故の交渉を依頼することもできます。弁護士費用特約というものが利用できますので、保険契約の中に弁護士費用特約があるかどうかを確認してみてください。この特約が役に立つケースは、示談交渉が難しくなるようなケース、損賠償額が膨大になるケースなどがあります。弁護士費用特約を使ったからと言って等級ダウンすることはありません。万が一の事故の時に利用できるのが弁護士費用特約なのです。

例として、相手側の損害が10万円、こちら側の損害が20万円という場合で考えてみます。こういうケースでは互いの損害の重なる10万円を相殺する「相殺払い」という方法が使えます。相殺払いでは相手側の保険会社へ損害金を請求することができますが、そうじゃない場合はお金のやり取り記録をしっかりしましょう。賠償金の支払い方法と期限など必ず書面にすることを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする