自動車保険 富士火災 中断証明書

中断証明書

富士火災は旧富士火災海上保険株式会社という名前で、今はAIG損保と名前を変えています。今でも旧富士火災海上保険のホームページは公開されていますが、自動車保険を利用するにはAIG損保を利用するしかありません。今でもAIG損保は人気ですが、以前の富士火災も安さで人気の保険でした。

AIG損保でも中断証明書は発行することができます。契約のしおりにも中断制度を利用できることが書かれているので、ここで飲用してみたいと思います。

——————-引用ここから——————-

保険期間の中途で「ご契約のお車を廃車、譲渡もしくはリース会社へ返還等された」、「ご契約のお車の車検が切れた」、「記名被保険者がご契約の満期日(ご契約を解約されている場合は解約日)から6か月以内に海外渡航する」、または「二輪自動車・原動機付自転車のご契約の記名被保険者が妊娠された」ことに共ない、ご契約を一時的に中断される場合には、「中断証明書」を発行することができます。これにより、中断後の新たなご契約において所定の条件を見たs場合は、中断前のご契約や事故件数に応じた等級および事故有係数適用期間を適用することができます。なお、ご契約の満期日(ご契約を解約されている場合は解約日)から5年以内にお申し出がない場合には、この制度をご利用dけいませんので十分ご注意ください。

——————-引用ここまで——————-

中断証明書を発行するメリットとしては、車に乗らない間でも等級をそのままにしておけることです。最大10年間は等級を維持することができます。

中断証明書の発行は無料ででき、なにも自分が車に乗るときだけ使えるわけではありません。自分の子供や配偶者。同居して一緒に生活をともにしているのであれば、配偶者の親族でも等級を引き継ぐことが可能。

こんな便利な中断証明書ですから、使う予定がなくても万一のことを考え、発行しておいたほうがいいでしょう。