自動車保険 免責とは

免責

自動車保険の免責とは、事故の保険金を保険会社が支払う義務、責任を負わないことを約束するものです。まったく保険金が支払われないということではなく、段階的に金額を決めて設定することができます。

車両保険というのは、事故が起きて車の修理費として保障してくれる保険。なぜ免責というものがあるのかというと、事故を起こした時の契約者側の負担割合を決めることで保険料を安くできるからです。多くの方が一回目5万円/二回目以降10万円という設定を利用しています。

具体的な例を示すと、例えば事故の修理費が40万円だったとして、免責金額を5万円としていれば、5万円を自己負担して残りの35万円を保険料として支払ってくれます。

免責というのは、なにも車だけではなくて、対人、対物、人身傷害などにもそれぞれ免責事項が用意されています。免責について興味がある方は、一度契約書の重要事項説明書を読み直してみてください。

ちなみに、一般的には地震や津波、洪水や津波などによる損害では車両保険が使えません。保険会社によっては地震や津波で全損した場合に限り、数十万円支払ってくれる会社もあります。

普通、車両保険では免責金額を設定します。設定金額を高くすれば保険料は安くなります。これまで事故をおこしたことがないからといって設定金額を高くしすぎると、万一の時に十分な対応をしてもらえない可能性もあります。万一のときのことを考えて入るのが保険です。このことをよく考えて免責金額を決定してください。

免責ゼロ特約という設定もあります。一回目の免責金額を5万円にしているが、実際には自己負担することはないので、実質的には免責金額は0円となります。加入して損をすることはありませんので、調べてみて免責ゼロ特約があるならば使わない手はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする