自動車保険 使わない 損害賠償

使わない

自動車事故で損害賠償が必要となった場合、自動車保険を使わないというケースは少ないかもしれません。損害賠償額が少なければ自己負担ということもありえますが、そういうことは少ないと思います。

保険を使わないと判断するには材料が必要。その材料は損害賠償の金額と、車の修理代やその他にかかる金額など。これらを調べることがまず先決です。

使わない判断が成り立つ可能性としては、自賠責保険で補償できるケースです。こちらが加害者である場合で考えると、治療費については妥当な実費、看護料については一日に付き4100円、自宅看護か通院では一日2050円となります。

入院中の諸経費が入院一日に付き1100円、休業損害が一日に付き5700円、慰謝料が一日4200円というのが基本になりますがこれらの他にも車の修理代や相手の車の補償(修理代)も必要になることもあるでしょう。

それらすべてにかかる合計金額が確定してから保険を使うか使わないかを判断することになるでしょう。

もし、自動車保険を使うかどうか迷う場合は、使った場合の利益損益と使わなかった場合の利益損益を考え、判断することになります。もちろん自賠責保険の補償限度額を超えるような場合には、自賠責保険の超過分を自動車保険で補償する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする