自動車保険 休業補償 車両保険

休業

自動車保険の休業補償というのは、交通事故などで仕事を休んだ時の補償です。事故のせいで損害を被った場合にもらえる保険で、独自の計算方法で金額を算出します。

一般的には収入一日分×休んだ日数分となります。休業補償ですから、仕事を休まなければもらえませんし、仕事をしていて事故が原因で収入が無くなったという場合に補償を受けることができます。ですが、休業補償は必ずしも全額保障してもらえるものでもありません。労災で補償できる場合は、残りの分を休業補償してもらうことになります。

また、事故の怪我で会社に有給休暇を取り、病院へ通うために休んだというケースでも休業補償をもらうことができます。有給休暇なので収入を得ていると思われるでしょうが、怪我の治療のために通院しているので休業日として考えることができるので、有給休暇のケースでは給与対象の休暇という判断になるのです。

休業補償をもらうためには以下のような証明が必要です。

・休業が発生したことを証明できるもの
・休業により収入が無くなったと証明できるもの
・本当に休業しなければならないという証明
・収入の証明があれば自賠責の範囲外でも任意保険から保障してもらえる

休業補償してもらうためにはできるだけ有給休暇は使わないようにしましょう。有給休暇を使わなくても補償してもらえますので、使うのはもったいないですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする