自動車保険 乗り換え 等級

乗り換え等級

自動車保険の保険会社を乗り換えると等級はどうなる?とう思っている方もいるでしょう。乗り換える先にもよりますが、ほとんどの場合、そのまま等級を引き継ぐことができます。

ほとんどの場合といったのは、共済への乗り継ぎでは引き継げないこともあるから。教職員共済やドラック共済への保険乗り換えでは等級をそのまま引き継ぐことができません。損保会社から損保会社への乗り換えでは問題なく等級は引き継げますのでご安心ください。

乗り換えで気をつけるのが乗り換えのタイミングです。乗り換えの時期としてベトタイミングは契約更新のその日です。契約の満了日に他社へ乗り換えると、前の保険会社へ連絡する手間が減るので楽。自動継続特約を付けている場合は解除手続きは必要です。

途中解約をする場合は少々手間がかかります。途中解約するときには契約中の保険会社で解約証明書を発行してもらう必要があります。今契約している会社には解約の意思をはっきりと伝え、滞りなく引継ぎできるようにしましょう。

メリットとデメリット

まず、デメリットから。契約満了日前に乗り換えると、次の等級へ上がるタイミングがズレてしまいます。本来、あと半年後の契約満了時にアップするはずだった等級が、乗り換えてから一年後となってしまいます。ですから、できれば契約満了日まで待てるなら待ちましょう。

また、途中解約してしまうと一括で支払った保険料が未契約の分全額は戻ってきません。半年分で乗り換えても、お金は半額は返ってこないのです。この点は十分意識しておいてくださいね。

メリットとしては第一に保険料が安くなることでしょう。保険会社の乗り換え理由の一番が保険料の安さだと思います。第二に補償内容です。ご自身の求める補償内容がある損保がいいでしょうからね。

また、新規契約で特典が貰える場合もあります。商品券やギフト券、割引制度を利用できることもあります。新車なら新車割引も受けられるでしょう。

最後のメリットは事故を起こしてしまい、安い保険会社へと乗り換えできること。事故を起こしてしまえば等級が下がり、保険料も上がってしまいます。少しでも家計の負担を減らすために、少しでも安い保険会社を探したいはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする