自動車保険 セカンドカー 目安

セカンドカー目安

ここではセカンドカー割引でどれくらい自動車保険の保険料が安くなるのかの目安となるものをご紹介していきます。あなたはセカンドカー割引についてどれくらい知っていますか?セカンドカー割引は2台目以降の車を新規で購入する場合に適用できる自動車保険の制度で、通常に比べ一つ等級を進めた段階からスタートすることが可能です。

普通、自動車保険を新規で契約すると7等級からスタートします。ですがセカンドカー割引を利用すれば6等級からのスタート。7等級と6等級では保険料の割引率も違うので、それだけ得をすることになりますね。

セカンドカー割引では1台目の保険会社と2台目に契約する保険会社が違っても適用可能です。イメージ的には同じ保険会社でないといけないと思われがちですが、違う会社でもいいなら、保険料を抑えるためにいろいろな保険会社を探してみてもいいかもしれません。

セカンドカー割引ではデメリット言うほどのものはありません。強いて言えば以下のような適用条件があることくらいでしょうか。

・1台目と2台目の車の所有が個人であること
・1台目と2台目の用途が自家用8車種であること
・2台目の契約が新規であること
・2台目の車の所有が1台目と同じか、その配偶者か、同居親族であること
・2台目の車の記名被保険者が1台目と同じか、その配偶者か、同居親族であること

もし、わからない所があれば保険会社に直接問い合わせてみましょう。

先程、1台目と2台目の保険会社は別でもいいとお伝えしましたが、両方共同じ保険会社にすることでセカンドカー割引の割引率があがることもあります。たとえばソニー損保であればマイページからの申込みで初年度の保険料が1000円安くなります。ソニー損保では継続割引というのもあり、契約時複数契約割引として、初年度と同じく1000円安くすることができます。

同一世帯で車がもう1台増えるという場合はセカンドカー割引できないか確認しましょう。近い内に別居する家族がいるなどのケースでは、別居する前に契約してしまいましょう。契約後に別居状態となっても問題なくセカンドカー割引を利用することができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする