自動車保険 セカンドカー 格安

セカンドカー割引

電車やバスなど交通手段の整っている都会では、車の所持はさほど重要ではありません。しかし、田舎や地方などでは家族で複数の車を持つことは当たり前のこと。あなたも子供が成人したり、子供の送り迎えのために車を複数台持つということは一般的でしょう。

こういう風に家族(1世帯)で二台以上の車を所持する場合はセカンドカー割引を利用することができます。セカンドカー割引の制度を適用することで2台目の車の保険料を格安にすることができるんですね。セカンドカー割引のことをもう少し詳しく説明すると、自動車保険は通常6等級からスタートしますが、セカンドカー割引を適用すると1等級進んだ7等級からスタートすることができます。6等級と7等級では保険料の割引率に差があり、格安と言える保険料にすることができるのです。

自動車保険の保険料はノンフリート等級を参考にしていますが、等級が低いほど次の等級との割引率の差は大きい傾向があります。セカンドカー割引のすごいところは一台目の保険会社と2台目の保険会社が違っても適用できるところ。2台目の車の保険を異なる保険会社にする場合、相手からセカンドカー割引のことを聞かれることはないと思いますので、自分からセカンドカー割引のことを伝えましょう。

適用条件について

2台目の車を購入したからと言って、必ずセカンドカー割引を適用できるわけではありません。一定の条件がありますので、その条件をご紹介したいと思います。

・一台目の保険の等級が11等級以上
・2台目が新規の契約である
・車の所有車が個人である
・2台目の車の被保険者が1台目の被保険者か、配偶者、同居親族である

この条件をすべて満たすことでセカンドカー割引を適用することができます。

では、具体的にどれくらい保険料が安くなるのでしょう。ある方の例では6等級なら50,750円だったものが、7等級だと33,690円。つまり、17,000円ほども安くなったそうです。

等級の低い6等級と7等級では割引率の差も大きいですから、30%以上もの保険料の節約になりますが、他にも運転者の限定などの条件を付けていけば、さらに保険料を抑えることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする