ソニー損保 業務使用とは

ソニー損保業務使用

ソニー損保では「主に家庭用」か「主に業務用」かによって保険料が変わります。ほとんどの方が家庭用として契約しているでしょう。では、業務使用とはどういった使い方なのでしょうか?ここでは業務使用の場合の保険料について詳しくお伝えしていきます。

ソニー損保の業務使用というのは、次のうちどちらかに該当する場合に「主に業務用」となります。

・主として業務(お仕事)に使用する場合
・週5日以上、もしくは月15日以上車を業務使用する場合
・車に企業名などペインティングされ業務使用する場合
・記名被保険者が法人である場合

自動車保険は業務使用だとどうしても高くなってしまいます。節税のためといって契約や更新してしまうと思わぬ落とし穴にあうことも・・。そこで、ここでは業務使用の自動車保険を安い保険にする方法などご紹介していきます。

ソニー損保の業務使用とは先ほど挙げた4つのうち、どれかに該当する場合に適用されます。使用目的には業務使用、通勤・通学、日常・レジャーの3つに分けられますが、通勤・通学で契約していて業務使用中に事故にあっても保険が適用される場合があります。それは「週に5日以上、月15日以上の業務使用ではないと判断されるから。自動車保険は様々な項目ごとに事故にあう確率を導き出して保険料を決めているのです。

業務使用の注意点

自動車保険で虚偽の申告をすると強制解約されることもあります。そういった方は少ないでしょうが、本来業務使用なのに通勤・通学や日常・レジャーで契約している場合は保険会社に解除されてしまう場合も。

万が一、この契約状況で事故を起こしてしまった場合、保険金が支払われずに被害者への賠償金を支払うことになってしまいます。こういった最悪のケースを避けるためにも虚偽申告は止めておきましょう。

また、業務使用の自動車保険でも年齢条件を適用することが可能です。しかし、家庭用の場合の年齢条件とは異なり、親族であるかどうかにかかわらず年齢条件を満たしていなければ補償を受けることはできません。家庭用の年齢条件では別居中の親族なら対象年齢街でも保証されるんですけどね。

ちなみに、業務使用の自動車保険は日常・レジャーの場合と比べ、一般的に年間で五千円ほど高くなりますが、ソニー損保の場合は一万円以上。家庭用で27,050円のところ、業務使用だと39,180円となってしまいますので、この点は知っておいたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする