ソニー損保 休業補償

休業補償というのは、給与所得者、事業所得者が事故で仕事ができなくなった場合、休んでいる期間の給料を保証してくれるという補償です。休業補償はもちろんソニー損保にもあります。

一般的に、休業損害の計算法は自賠責保険基準と裁判基準、それと任意保険基準があります。自賠責保険基準では休業損害は休業した日数×5,700円。一日の補償額は最大19,000円までだしてくれますが、その時は相応の証明できる証拠を提出する必要もあります。

裁判基準の場合の休業損害は、一日あたりの基礎収入×休業日数となります。基本的には事故前3ヶ月分の収入を基に算出されますので、事故前3ヶ月分の休業損害証明書の発行が必要となります。

任意保険基準では、各会社で基準が決められているので、その基準に従うことになります。基本的には実際の収入に近い形で支払われているようです。

休業損害の請求方法は、給与所得者の場合は休業損害証明書の発行。自営業の方は前年度の確定申告書を。家事従事者なら同居人との続柄が省略されていない住民票謄本を保険会社へ提出します。

ソニー損保の場合、休業損害証明書の雛形が用意されています。前年度の源泉徴収票の添付や、会社印を押す必要があるので早めに準備を進めておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする