イーデザイン 通勤 補償

通勤補償

このブログをお読みの方々の中で、イーデザインの通勤補償について知りたい方はどれくらいいらっしゃるでしょう。保険会社によりますが、自動車保険には通勤や業務、日常やレジャーなどの目的別にプランが分けられ、補償金額も変わります。ここではイーデザインだけでなく全体的な自動車保険の通勤とレジャーの補償の金額などについてご紹介していきます。

あなたは普段、どのような目的で車を使っているでしょうか?自動車保険の保険料や補償については使用する目的によって変わります。走行距離が長くなるほど事故に遭遇する確率も高くなりますからね。注意したいのがイーデザインとソニー損保など保険会社が異なると保険料も異なるということ。一般的には通勤、業務、日常・レジャーの3つに分けられていることが多いです。

これら3つのうち一番安いのが日常・レジャーのプランです。買い物や休日のドライブ程度の車の使用ですから事故に遭う可能性も低いということですね。これと違って高くなるのが通勤での使用。通勤距離にもよりますが、普通は通勤の保険料が高くなります。通勤用という目的を満たすには次の2つのとぢらかを満たす必要があります。

・年間を通じ月15日以上の運転
・週5日以上にわたり通勤で車を使用

どちらかを満たす場合に通勤用となり、どちらも満たさなければ日常・レジャーという考え方です。

通勤用よりさらに高くなるのが業務用。年間通して週5日以上、または月15日以上業務で車を使用する場合に業務用となりますが、基本的に事業主に適用されることがほとんどなので、あまり気にする必要はないでしょう。

注意すべきことが使用目的で嘘をついてはいけないということ。日常・レジャーで契約して通勤用として使ってはいけないということです。そういう方は少ないかもしれませんが、万が一事故を起こしてしまった時にごまかそうと考えている方は考え直してください。そううまくいくはずはないですから。

最後に日常・レジャー、通勤、業務用と3つのおおよその保険料についてご紹介しておきます。業務用は一部の方になるので通勤とレジャーの二択になりますが、参考程度に知っておいてもいいでしょう。

こちらのデータはAll Aboutで紹介されていた見積もりデータです。

【日産 ティアナ(H17年6月)】
・次年度14等級
・対人対物無制限
・登場者傷害1000万円
・無保険車2億円
・損事故1500万円
・人身傷害5000万円
・記名被保険者39歳(男性)

これから導き出した保険料が・・

日常・レジャー目的で42,810円
通勤通学目的で保険料47,880円
業務用で49,900円

となります。

この金額を参考にあなたのライフスタイルに合わせて選び出すといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする