あいおい 保険料 目安

保険料目安

ここでは、あいおいニッセイ共和損保の保険料の目安についてご紹介していきます。あいおいに限らず、自動車保険の保険料は車両保険の金額によって決まります。車両保険の金額については上限と下限が決まっていて、その範囲内で自分で設定することができます。

保険料の目安は、車の購入金額により左右されると覚えておいてください。また、保険料の設定で迷った場合は、できるだけ高い設定にしておくこと。一番高い設定にしたとしても、金額にして500円程度しかかわりませんから。

以下に車両保険のポイントをまとめます。

・保険料は車の購入金額を目安にし、一定の範囲内で選べる
・できるだけ高い金額で設定する(特に新車が高く設定)
・高い設定でも500円ほどしかかわらない
・安い保険料探しなら一括見積り

車両保険の料金の目安

車両保険というのは、自分の車に対してかける保険。車両保険をかけることで当て逃げなどの被害にあっても保険料を受け取ることができます。車両保険金額を決めると、その上限を限度として保険料を受け取ることができます。

車両保険の新車の目安は契約時の販売価格。集こさなら中古車市場で流通している同車種の査定額や販売価格を目安とします。車両保険の金額は契約期間中でも変更することができます。

では、あいおいニッセイ同和損保の目安をご紹介します。車両保険金額が490万円だと、年間の保険料が15万円ちょっと。435万円だと15万2千円。375万円で14万9千円ほどとなります。

この金額は、ソニー損保とくらべると、年間で4万円ほど割高になりますが、補償内容と信頼性を考えると、ちょうどいいのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする